陶器の里バッチャン村

2日目のお料理教室+ランチが終わったのは午後2時過ぎ。
小雨が降っていましたが陶器の里、バッチャン村に出かけることにしました。



画像




お天気任せで特に計画していなかったので急いで旅行会社の車をチャーターしてGoです。
バッチャン村へはハノイ中心部からは40分くらいのドライブ。
一番行きたかったのは『デリシャス・セラミクス』というお店で一般的なバッチャン焼きとは違い
ヴェンさんという作家さんの工房です。



画像




一味違う作品がアートギャラリーのように展示販売されています。
ベトナムのシンボルマークのような編み笠の絵柄が可愛くて少しだけお買い物しました。
もっと買える!と意気込んだのですが、何故か夫からダメサインが・・・あらどうして!?
ベトナムの通貨の換算率を間違えて手持ちの現金が余り無いというのです(涙)
やたらゼロが多い通貨なので沢山持ったつもりで実は少ししかお財布に入っていなかったらしいのです。
クレジットカードを取らないお店が多いので気をつけなければいけませんね~。

ガイドさんお勧めの一番大きな4階建ての工房、ミン・ハイセラミックにも案内して頂きました。



画像




陶器が出来上がるプロセスと絵付けの様子などを見学しました。
フロアを巡りながら見ると百均で見るようなバッチャン焼きの食器が沢山!
でもさすが本場なので見たことのない形のお皿もあって可愛いなぁと思いました。 
欲しくても何しろ我が家はもう現金が手元に無いのでもう何も買えません(涙)

新しく作られた焼きもののように気軽には使えませんが
欲しいと思ったのはアンティークのバッチャン焼きでした。
今では手に入らない顔料なのでしょう、朱の色も柔らかくて何ともいえません。



画像




バッチャン焼きは600年もの歴史を持つ古い焼き物です。
青い花の染付けや紅安南と呼ばれる赤や黄色、緑などの顔料で
手書きで絵付けされた器にはぬくもりを感じました。



画像




村のツアーに一役買っている牛車です。
ただいま休憩中ですね♪



画像



画像





バッチャンは牛がのんびり歩く村なのでした。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス