北京3日目

3日目の行き先、またまた万里の長城です。
歩くのがきついと言いながらも2日連続で長城に来てしまいました。
このダイナミックさ、他にはありません!



画像




万里の長城と一口に言っても全体の長さは6600kmに及ぶのでどこの部分を見るかで
その印象はまったく違うものになります。
この日に行ったのは司馬台長城で、北京市内からは片道2時間半ほどかかる郊外にあります。
2日目に行った八達嶺がアクセスが良くきちんと整えられた場所であるのに対し
司馬台はより自然の姿を残したままのワイルドな場所と言えます。
手すりだってないので端を歩くのはかなりスリリングなのです、ひぇ~



画像




前日同様、私達はケーブルカーに乗り(屋根がなくてちょっとコワい・・・)長城の入り口をめざしました。



画像




ここから長城までトレッキングを兼ねて歩く方が多いのですが、
上を見て・・・目が点! もう30元払ってトラムに乗ることにしました^^;



画像




しかしこのトラムも青空ですし、1本しかない命綱のワイヤーが切れたら・・・なんて
思い始めたら怖くなってしまうのです。
はるか下のコンクリートの屋根が先ほどのトラムの乗り場です。
直線で登るのでずい分な傾斜がついています。。。



画像




左奥の望楼を目指して少しずつ石の坂や階段をゆっくり歩きます。
望楼はかつての見張り台であり兵士の居住スペースでもあった場所。



画像




高いところは気持ちが良いです!
素晴らしい眺めと爽やかな風に吹かれて周りの景色に見とれて暫しぼぉ~~~。



画像




そろそろ降りようかなと、ふと足元を見て怖くなってしまいました(汗)
厳しい坂や急激な階段をひたすら登るだけ登ってしまいましたが、
降りる時は登るときよりもっと大変なのですよね!



画像




そろ~りそろ~りと一段ずつ慎重に降りてまた市内目指して車に乗って移動したのでした。
司馬台の周辺にはお食事どころは無いというお話だったので一気に市内に戻り
遅いランチをすることにしました。

前日の八達嶺はかなり一般的な観光目的に歩きやすいように整備されてるので
歩きやすい靴を履いていれば大丈夫ですが、ここ司馬台はもうちょっとマニアックです。
私達もしっかりしたウォーキングシューズを履いて行って大正解でした。
洗面所の設備は香港のビーチにあるパブリックの洗面所くらいの感じでした。
扉はありますが、鍵がない場所もあったりします^^;
ペーパーは無いと思ってください。出かけるときは忘れずに~ ←古い(笑)










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた