2日目Lunch&Dinner

朝6時にホテルを出てから何もお食事らしいものを摂っていなかったのでお腹がペコペコ。
なのにガイドさんに伺っても長城や明の十三陵近辺には美味しいレストランは無いとのこと。



画像




車の窓から見えるのは観光客向けの大衆食堂のようなものばかりで
入りたくなるような雰囲気のお店はありません。
前日北京ダックに連れて行ってくれた友人の言葉が脳裏をかすめます。
「明の十三陵の近くのゴルフクラブでランチをしたら・・・」☆
伺っておいて本当に良かった♪
北京国際ゴルフクラブには日本人のマネージャーがいらっしゃるので
日本スタイルのお食事が期待できます。



画像




今年初の冷やし中華を頂きました♪
木耳たっぷり、さすが中国、盛りが気前良いのであります。
洗面所ももちろんキレイですし、こちらに寄って本当によかった~!
ゴルフコースを眺めながらのお食事も気持ちよいですしネ。



画像




晩御飯も友人からのお勧めの天壇公園近くのレストラン。
中国の伝統的なショーを観ながら四川料理を頂けるお店『蜀国演義』です。
ショーが始まる午後7時にあわせて6時半に入店してお食事を頂きながら待ちます。
お料理はお茄子の炒め物、海老の唐辛子煮込み、湯豆腐、葱のピクルスの4品と
北京のビール、燕京純生でお疲れ様~の乾杯!




画像




ショーは歌あり、踊りあり、雑技ありなのですが、なんと言っても目玉は
トリに登場する一瞬のうちにお面が変わる「変面ショー」なのです。
近くで見ても一体どうなっているのかわかりません!



画像




変面ショーは2千年の歴史を持つのだとか。
最後にはパフォーマーのオジサンもお顔を出して大喝采のうちにおしまいとなりました。
お料理のお味はまあまあですが、何だかとってもお安かったです。
ショーはレストランに入れば自然と観られるのでお料理代だけで二人で3千弱で済んでしまいました。

朝早くからずっと外に出たままでしたし、真夏のようなお天気だったので
たっぷり日に焼けてしまいました。
たった一日で私の足の甲にはローファーの跡がくっきり(涙)
足の甲にも美白ローションを塗って寝たのでした。




北京国際高爾夫倶楽部

蜀国演義




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス