市場のお菓子屋さん

パサール・パドゥン・マーケットの続きです。
市場の1階には生鮮食料品の他にお菓子屋さんも出ています。
この青いお店、可愛いお菓子が沢山ショーケースの中に並んでいました。



画像




ガラスケースの中のお菓子は反射して写真が良く取れないので
外で袋入りで売っているお店で撮ったものです。
色がカラフルですよね^^;フードカラーがストレートな感じです。



画像




お米を使ったお菓子が多い印象を受けました。
右下の木の皮に包まれているものは何なのかわかりませんが、
羊羹みたいなものかな?なんて想像します。
他にもカステラやマドレーヌのような焼き菓子も沢山ありました。
バリの方は甘いものが好きなのかな?

ビルのマーケットは2棟に分かれています。
1階は比較的食料品が多く、上のフロアに行くに従って生活用品、雑貨、民芸品になります。
こちらの市場で試しに買ってみたお菓子。



画像




雛あられを思わせるようなお米のお砂糖まぶしです。
地元の新聞で作ったコーンに可愛く盛られていました。
かじるとポロポロと崩れますが雛あられよりモチッとした食感で甘さも穏やかでした。

ビルの2階の数ある神様グッズのお店の店頭で花形の紙を発見。
ブラウンバッグと同じ紙ですが片面が防水になっていて何だか便利そうに見えてゲット。



画像



袋のイラストがミッキーマウスに見えるのですが、そのあたりは不問にお願いします(笑)
アタの盛り籠のライナーにもぴったりの大きさ♪



画像




気温33度はあった暑い暑いマーケットからホテルに戻るとぐったり。
スパのカフェで身体に良い野菜とフルーツの冷たいジュースでリフレッシュしました。



画像



画像




どちらかがアンチ・エイジングでもう片方がマッスル・チャージ。
これ一杯でどうにかなるものではありませんが夫にはマッスル・チャージを(笑)

空港に着くと再びホテルの方が待っていて下さり登場手続きから出国手続きのカウンターまで
なにくれと気を遣って手伝って下さいました。
出国時に空港使用税が15万ルピア(約1500円)必ず現地の通貨で支払います。
入国した時にビザを買う時は米ドルのみなのに出国時はルピアだけなので
最後の最後になって慌てることになりかねず気をつけなければいけません。

付き添って下さった方がずっと話題にしていたのはホテルのサービスについてと
リッツの名がなくなって新しくAYANAになったことでどう感じているかということ。
私達はリッツだった頃に来たことがなく今回初めてだったので比較することは出来ないので
気持ちよく過ごせたこと、また泊まりたいことなどをお伝えしてお別れしました。

今回は旅行の間じゅうずっと風邪をひいたまま、治ることがありませんでした。
いつも食べログのような私のブログに食事の様子がほとんどないのは
嗅覚と味覚が全く働かず何を食べても大まかな味しか分からなかったからなのです(涙)
幸い熱や咳はなかったのでゆっくり過ごしていましたが
美味しい~♪という感激が無かったのは淋しかったですね・・・